カイロプラクティックとは?

カイロとは、いろいろな間違った言われ方があります。たとえば、カイロプロテック・カイロプラスチック・カイロプラクティクス・カイロプロティック・カイロプラティク・カイロプラテック・・など。正しくは、カイロプラクティックです。カイロプラクティックはギリシャ語が語源です。カイロ(手)、プラクティコ(技)という言葉からカイロプラクティックとなりました。『Chiro=手、practice=技』

カイロプラクティック療法とは・・・
 人間は本来病気に対して自分自身で治ろうとする力を持っています。これを「自然治癒力」といいます。脳から出て脊髄(背骨)の中を通っている神経の流れが100%完全であるほでこの自然治癒力は高まります。しかし、背骨のどこかにズレやゆがみがあると神経の流れが悪くなり体調不良になっていきます。

 カイロプラクティックは、この背骨のズレやゆがみを手を用いて矯正し、正しい位置にまっすぐに直すことによって、脳からの神経生理機能を高めます。薬を使わない一番自然な療法です。

 
 カイロプラクティックの源流
 人類最古の文書といわれるパピルスの中に、手を用いて背骨を刺激して病気を治療する術のことが記載されています。古代エジプト人、古代メソポタミア人などによってこの種の技術が活用されていたことがわかります。これが現代の医学の源流でもあり、カイロプラクティックの源流でもあります。
 ヒポクラテスの言葉
 「医学の父」といわれるヒポクラテスは次のような言葉を残しています。
 「人のからだは、疾病に関し自然に回復する。医者はその回復しようとする自然の力を補佐するのが役目である。自然の力とは人のからだの中に潜んでいる偉大な力、それは先天的治癒力(自然治癒力)のことで、この力が人のからだを疾病から回復させる」
 「骨について研究し、その知識を得なさい。すると骨からいろいろな病気が発生することがわかる」そして、彼の医学書の中には「骨格の異常によって、いろいろな病気が生ずる」ことが述べられています。
 そしてカイロプラクティックの誕生
 それから・・・2000年以上のときを経て、アメリカ人のD.Dパーマーが1895年にヒポクラテスと同じ「先天的治癒力」の理論によりカイロプラクティックを世に発表しました。